なっとく保険ガイド

なっとく保険ガイド

保険は見直しも必要

もしもの時のことを考えると、保険に加入しておくことはたいせつなことだと思っています。

仮に何かが起こらなかったとしても、その期間補償を受け続けているわけで、もし病気で入院したらどうしようかとか、ケガをしたら多額の費用が必要になるのではといった不安をあまり感じなくて済むという安心感があっていいと思います。
ただ若いころからいくつかの保険に加入していると、どうしても保障内容の重複している部分ができてしまっているようです。

また保険というのはいつの間にか新商品が登場するもので、果たしてそれがいいものかどうかよくわかりませんが、以前加入したままでいいのかはとても気になるようになってきます。
せっかく保険に加入をしながら補償の範囲が思いのほか狭く、いざという時に給付金をもらえないというようなことのないように、加入状況を確かめるようにしておくと安心です。
多くの場合、自分の加入している保険がどのようなものかすぐには言えないものでしょう。
いざという時に十分に役立つだけの補償のある保険いしておきたいものです。
また重複するところがあってもそれだけ多くの保険料を支払っているだけで、日頃の生活に支障をもたらすだけの場合もあります。

もちろん保障が手厚いのはいいことですが、必要以上の場合は、見直すことも考えたいものです。
特に医療保険などは古い場合はその当時の病気に対するための補償しかありません。
新しい医療保険ほど最新の医療の情勢に対応しているといえます。
せっかく保険に加入をするのなら、いざという時に役立てることがまず第一ですが、暮らしを安心できる保障にしておくことが何よりといえるでしょう。
加入をしたままずっとそのままにせず、タイミングを見て見直す機会を持つようにしたいものです。

© 2014 なっとく保険ガイド All Rights Reserved.